新着情報

HOME  > 新着情報 > 第14回あいち障害者 フライングディスク競技大会協賛参画のご報告

新着情報

第14回あいち障害者 フライングディスク競技大会
協賛参画のご報告

2015年11月15日
Man to Man株式会社




この度、Man to Man Groupは、2015年11月15日(日)に開催されました 第14回あいち障害者フライングディスク競技大会に協賛参画させていただきましたのでお知らせいたします。

あいち障害者フライングディスク競技大会 開催趣旨:
障がい者スポーツは、障がい者の健全な心身の発達・健康の維持増進・社会参加・自立を促す上で、大きな役割を担っています。なかでも、フライングディスク競技は、安全性、競技性、レクリエーション性の面から、障がい者スポーツに適しているとされ、「スペシャルオリンピックス」「ゆうあいピック」「全日本障害者フライングディスク競技大会」など正式種目として取り上げられ、全国的に愛好者が増加の一途をたどっています。2001年からは、「全国身体障害者スポーツ大会」と「全国知的障害者スポーツ大会−ゆうあいピック」が統合され、「第1回全国障害者スポーツ大会」として実施されました。これによりフライングディスク競技にも身体障がい者の参加が認められることとなりました。障がいの区別なく、だれもが一緒に参加できる唯一の競技であることも特記すべきところです。

本協会では、障がい者の方々が日頃の練習の成果を発揮する場とすると共に、積極的に社会参加できる機会として本協議大会を実施しております。開催にあたっては、次のようなねらいをもって実施します。

  • フライングディスク競技を通じ、障がい者の健全な心身の発達・健康の維持増進・社会参加・自立を促すことができる場を提供する。
  • 日頃の練習の成果を発表する場としてとらえ、それぞれの障がいの程度や目標に対応するための競技性とレクリエーション性をもった希望と感動を分かち合うことができる大会とする。
  • 大会を契機に、広く社会の人々へ障がい者スポーツの理解啓発を進める。

あいち障害者フライングディスク協会より



Man to Man Passo 株式会社のスタッフも、プレゼンターとしてたくさんの選手の方々と交流をさせていただき、多くの感動と笑顔をいただくことができました。
Man to Man Group は、今後も「笑顔づくり」に貢献して参ります。